ロボット雑記・ニューロンの趣くままに

エンピツで書いていた「人形つかいのロボット雑記」をこちらに引っ越しました。かなり独断と偏見で書いてます。 【問題点】IE6でサイドメニューが乱れます。NN7でコメントへの記入が出来ません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ERCのバイス・プレジデント

ソニーのプレスリリースによると
2005年06月22日付けの
当社  取締役および執行役 ならびに
コーポレート・エグゼクティブ、グループ・エグゼクティブの選任について


きむら けいじ
木村 敬治
執行役
EVP 兼 技術戦略担当、
インフォメーションテクノロジー&コミュニケーションズネットワークカンパニー NCプレジデント

氏 が
2005年06月30日発表2005年06月22日付けの
人事 機構改革
にて

○ エンタテインメントロボットカンパニー
担当執行役    EVP  木村 敬治

と、されています。

急務は『So-net BLOG を安定稼動させる』だと思うんですが。BLOGの不安定さはSONYの企業ブランド力を著しく損なっていると思います。

EVP:エグゼクティブ・バイス・プレジデント
スポンサーサイト

AIBO音声ガイドのモノマネ

AIBO ers-7 の音声ガイドの合成音が好きなので、まねて作ってみた。
一応、Steveへの「抗議」をテーマとしています。

が、似てないなぁ 修行します。

唐突に.mp3 35Kb MP3フォーマットです。

AIBO憲章

先日このセミナーでAIBO憲章の話が出ました。



右ページの拡大部分


AIBO製品化にあたり某TOYメーカーなどのアドバイスを受けて対PL法的な対策+αを行ったそうですが、それ以外にAIBOのイメージを崩さないようにこのような規定が存在するのでしょう。

話は飛びますが、浦沢直樹のPLUTOの原作である鉄腕アトムの「地上最大のロボット」の最後のページにある台詞は・・

アトム:「ねえ博士 どうしてロボットどうし うらみもないのに 戦うのでしょう!?」
御茶ノ水:「さあね わしにはよくわからんが 人間が そう しむけるのかも しれんな」

なのです。そこまで明記はされていないけれど、AIBO憲章にはそういう解釈も含まれている・・と、思いたいのです。

2004年から2005年にかけて、日本のロボットエンターティメントは、「ロボットどうしの戦いをショーアップしてみせる」というTV番組の成功がありました。(個人的にはワールドレコーズのなかではトラックのドリフト競技なんかが一番凄いと思ったけれど)
こういう「ロボット・プロレス路線」は今後も何らかの形で成長する分野だと思いますし、自分もやはりテレビはみていました。

だけど、AIBOは、そういう世界には行って欲しくありません。
OPEN-Rが公開されて、自分のAIBOでテストをする時にプログラムのミスでトンでもない動きをしたり、最近はましにはなりましたがROBO-CUPの4足リーグもAIBOどうしガチャガチャぶつかりながらサッカー(もどき)をやってます。AIBOwnerとしては、そこに違和感がありました。単なる「機械」ではないMyAIBOには、少し特別な思いがあります。私の場合は結局好奇心が上回るのですが・・・ 「自分のAIBOでROBO-CUPやれるの?? 私のヒカルやパフォは出さないよ」とgeneさんにも言われました。

「大事にしたい」と、車とかカメラとか『メカ好き』な人が入念に手入れすることを楽しむ気持ちとそんなに遠くはないのですが、そのへんがROBO-ONEの人たちとは「入り口」が異なります。
かつてERS-110をいきなり分解していた私が言うと、納得されない方も折られるかも知れませんが、自分の中ではなんら矛盾はありません。

ともかく、
AIBOやQRIOは「争い事・戦闘」とは無縁の世界にいる事が、重要だと思うわけです。

ers-7の音声ガイド

http://www.nanaon-sha.com/news/より

04-11-12:
松浦雅也が音を作曲&プロデュースした、ソニーの
エンタテインメントロボットAIBO ERS-7用のソフト
ウェア、マインド2がリリースされました。
その中の、「歌う音声ガイド」の制作では、ヤマハ
の歌声合成ソフトウェア、Vocaloid MEIKOを使用し
ました。・・・・
「AIBOマインド2」とは、ERS-7の付属ソフトウェア
「AIBOマインド」の機能が大幅に向上した新しい
バージョンの総称です。
詳細:http://www.jp.aibo.com/products/ers7m2/index.html


ボーカロイドはまえから結構凄いなぁとおもってましたが
AIBOの音声ガイドはリアル志向では無く、かといって
いままでのありがちな「ロボット声」や「アニメ声」
では無いところが、気に入っています。
MEIKOは、実在の女性ボーカリストの声をモデリングして
再合成しているようです、デモバージョンでAIBOの
まねを作ってみましたが、発生できる言葉に制約がある
のですが雰囲気だけは味わえます。
買っても意外と安いんですけどね。

問題は、文字データやMIDIデータだけで自動生成するだけでは
不自然さが残るので、どうしても人手で「演出」を加え
自然にしてやる必要があります。

歌うQRIOのDEMOで使われていたのは、Sony独自なのか、YAMAHA製なのか不明です。(あんまりよい合成音声ではなかった)
VOCALOID製品情報


ボーカロイドMEIKO DEMO

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

Categories

Appendix

人形つかい

人形つかい

1999年AIBO以来のロボット好きです。
トップページはこちらです。

2004以前の@付きの記事はすべてエンピツからlog2mtを利用させていただきインポートしています。



FC2Ad

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。