ロボット雑記・ニューロンの趣くままに

エンピツで書いていた「人形つかいのロボット雑記」をこちらに引っ越しました。かなり独断と偏見で書いてます。 【問題点】IE6でサイドメニューが乱れます。NN7でコメントへの記入が出来ません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QRIOがローラースケート

ロボット.エムとの優雅な平日さんからTBを頂いて、QRIOのローラースケートDEMOは2004年10月03日の学会ですでにされていたそうです。
ってことで一般人な私は存じませんでした。TBに感謝。

結局こういう情報の正確な発信をしてくれない公式サイトにホコサキを向けてしまうわけだが・・・

ところで、ローラーの「着脱」ではなく、「ローラーを出し入れ」できるヒューマノイドの特許は誰が取ってるのでしょうか?大変実用的だと思うのですがね。(よく小学生がそういう靴をはいて、スーパーの中なんぞをすいすいうろついてますよね。状況に応じて省エネ+スピードアップがはかれるのではないでしょうか?TITAN VIIIの「ローラーウォーカー」の2足バージョンですネ。)

AIBOのスケートボードは、結果的にAIBOを「飽きやすいおもちゃ」に近づける安易な企画の一つだと思っています。ちょっとみると楽しいけれど、何度も同じ遊びをする気にはならないです。そもそも「真のAIBOwner」にとっては、育てた自律のAIBOと「別ロボット格(ソフトが別)」になっちゃう点が許せません。こういう商品化を見るたびに、開発者がAIBOをどう思っているのか問いたくなりますね。あんなのはオーナー自身が工夫して作ってこそ面白いのであって、ワザワザメーカーが作るのならもっと志を高く持っていただかないと。(「ユーザーの多様なニーズ」の罠にはまるんじゃないよ!)
って、話がそれちゃいました。

以上 追記 以下 オリジナル
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

QRIOのローラースケートが公開された

NIKKEI NET

すごい
見たい

分速14mって秒速23cm・・・ビミョ~。どの程度の路面の凸凹や傾斜にロバストに対応できるのだろうか?

こういうのって公式ページの対応遅い気がします。


スポンサーサイト

最近のQRIO

さいたま市宇宙劇場

仙台市こども宇宙館

ポピュラーサイエンス日本版8月号の表紙がQRIOです。

popularscience

¥680.-

去年のだけど動画

こういうデモやるのは、QRIOがASIMOに圧勝ですね。だってASIMOだと、最低二人掛りでしょう。QRIOならひょいと講演者が一人で行けますものね。

逆に舞台に立つのはQRIOのサイズでは不利なんですね。(AIBOは論外)

これじゃぁライブで見てるって気持ちになれるのか?



台の高さが気になるな。QRIOの公式サイト、ムービーぐらいのっけてくれないかなぁ。

QRIOの特許

ソニーのSDR(QRIO)に関する技術にはたくさんの特許がとられている。
http://www2.ipdl.ncipi.go.jp/begin/be_search.cgi?STYLE=login&sTime=1089943287207
上記のアドレスから、「ソニー ロボット」で検索すると700件以上ヒットするので、リストからかたっぱしに見るなり、たとえば「可動脚」などと絞り込むなりしてください。
でその中に、【特許公開2003-266340】というのがあるんですが、要約は
【解決手段】 胴体後方の上端に取っ手を配置し、歩行中や脚式作業中や暴走中には、オペレータは機体の後方からロボットを追いかけて、取っ手を把持することによって容易に捕まえることができる。また、取っ手を操作中に万一足部や腕部が暴走しても、取っ手を掴むオペレータの腕に危害を被る心配がない。また、取っ手の把持部分は緊急停止機構を兼ね備えており、オペレータが取っ手を把持することを検出すると、全身の関節アクチュエータを脱力させる。


え~っ こんなのも特許なの? と、正直思いました。

実は、私、この特許を侵害してしまってるのです。
下の写真(淀川君)です

自作のロボットは、配線ミスやソフトのバグや設定ミス諸々で、突然異常事態に陥る事はママあります。なので、咄嗟に掴む取っ手は非常に便利です。後頭部(白い四角い部分)を守る働きもあります。DIYの家具用の取っ手で、AIBOが喜ぶピンク色です。
ただ、緊急停止スイッチは別につけています。起動した状態で運ぶ場合もあるので。

訴えられたら、どうしましょう。

ところで某先生に一言。
グッツ ではなく グッズ ですよ。
(グッツ[グッズ・goods])に修正されてました。2005/06/17

以下、特許文書を読んでも頭がバクハツしないかたは、
QRIOのハンドル部分の詳細を読んでみてください。
  ・
  ・
  ・

続きを読む »

スケルトンAIBOの製作者??

qrio_leg.gif
ソニーのAIBOクリニックがあるSonyEMCS長野テックには、QRIOの「製造・量産特許」を持っていらっしゃる方がおられるそうな。

でリンクの写真をみると、あのスケルトンのers-7が・・・
もしかしたら、この方が作られたのでしょうか?気になります。

WBS(テレビ東京)で松下の社長がインタビューに答えて
「製品の特許は『みればわかる』から、抑えて行かなければならないが、『製造特許』は、逆に公開するよりも社内秘にするべき」
というような事をおっしゃってました。
日本の公開特許のHPには、中国や韓国などからものすごいアクセスがあるらしい。いくら特許を取っても、「こっそりつかわれ」たら逆効果ということですね。

ソニーさん(と、ヤマジンせんせい)は大丈夫なんでしょうか?

@QRIOまたもや「仕込み芸」

QRIOがオーケストラの指揮をやっていた

またもや「仕込み芸」である。
曲はベートーベンの運命。
演奏者はほぼ無視して演奏していた。というより、指揮者にあわせるのに苦労するが、あわせていると音楽が壊れるので適当に・・・という感じか?
特に芸術性を感じるモーションでもないようだった。

遊園地の動くお人形でもできる事をなぜQRIOがする必要がある?
「ワカリヤスイ」からか?
もし、本気でそう思ってこういうパフォーマンスをやっているのなら
ずいぶんニンゲンをなめていると思う。
「ばかにされた」と思う。
どんな素人にも子供にも、自律ではなく「仕込み」と「リモコン」であることは「お見通し」である。珍しさから歓声が上がることはあるだろう。その歓声を「評判は上々」といい気になっているのなら、ずいぶんと低い目標設定しかできていないということだろう。
オーケストラを指揮するということは「そんな程度のことなんだ」という間違った認識を、子供たちに植え付けるのが、QRIOに科せられた重荷なのか?

朗読を馬鹿にし、声優を馬鹿にし、指揮者を馬鹿にし・・・・
そしていちばん馬鹿にされてかわいそうな目にあっているのは
   ・
   ・
   ・
   ・
かわいそうなQRIO なのである。
お願いだから程度の低いデモンストレーションにQRIOを使うのはやめてください。
QRIOを発想の貧困なニンゲンの犠牲にするのはやめてください。

せめて指揮をしながら
「そ~この君~ え~んそうしながら
  ロボコンマガジン読むの や~めなさ~い!」(某求人誌CFの物まねで)
と叫べばよかったのに ぁぁQRIO!

=====

ぃゃぃゃ技術はすごいのである。
水平なんか出てないであろう指揮台の上で、上半身を自在に動かしてもコケたりせず、安定しているし、何よりもモーションを「仕込む」ためのソフトはよくできているに違いない。
しかし、そこで追求されているのはあくまで「仕込み」の生産性であって、それは作る側の論理であろう。
見るもの(お客様)に感動を与えようとか、そういう発想は欠落しているようだ。
個人製作のヒューマノイドなら、その程度で「ビックリ」させればニュースにもなろう。
だけどQRIOだよ?Sonyだよ? お客さんをナメルナと言いたくなるよ、まったく。
SDRの型番が泣くよ。QRIOの名前がもったいないよ・・・

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

Categories

Appendix

人形つかい

人形つかい

1999年AIBO以来のロボット好きです。
トップページはこちらです。

2004以前の@付きの記事はすべてエンピツからlog2mtを利用させていただきインポートしています。



FC2Ad

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。