ロボット雑記・ニューロンの趣くままに

エンピツで書いていた「人形つかいのロボット雑記」をこちらに引っ越しました。かなり独断と偏見で書いてます。 【問題点】IE6でサイドメニューが乱れます。NN7でコメントへの記入が出来ません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIBOは視覚障害者の助けとなるのか

Robots help vision-impaired in study 11:36 AEST Fri Jun 3 2005
http://news.ninemsn.com.au/article.aspx?id=51868

上記より原文をドウゾ

以下本格翻訳4様の翻訳文です・・・
研究において目が不自由なロボット助け
11:36 2005年6月3日金曜日にAEST
AAP
ロボット犬は新しい研究に加わっている目が不自由なよちよち歩きの幼児とおとなの生活をより楽にしていると研究者は言います。

ゴールド・コースト・ベースのグリフィス大学PhD学生スチュアートSeymonは、彼と仲間の研究者が、ロボット犬が目が不自由なあらゆる年齢の人々の日常必要なものに適するようにソフトウェアパッケージを開発していると金曜日に言いました。

Seymonさんは、20cmとワイアレスインターネット接続によって高い30cmの間にある調べられているソニーAibo ERS-210ロボットが電子メールを表明し、音楽を演奏し、感触と音に反応したと言いました。

彼は、進行中のゴールド・コースト研究からの早い発見が、彼らが杯の子供の開発でポジティブな役割を果たすことができたのを提案して、ロボットが目が不自由なよちよち歩きの幼児に対して最も多くのインパクトを持っているのを示すと言いました。

各研究参加者はロボットの1台を与えられていて、それらの間のインタラクションは分析されています。

「私達は、彼らが年を取るにつれてそれらの人生の違う段階がそれらの一般的な認識を高めるようにソフトウェアを開発することを予定しています」とSeymonさんは言いました。

「よちよち歩きの幼児は、従って、彼らが知らなく、それから彼らが探検しないとわかりません - (ロボット)可動性を持つ助けと移動させる信用はできました」。


©AAP 2005 年
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://n9a.blog2.fc2.com/tb.php/48-cc8a9626

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Categories

Appendix

人形つかい

人形つかい

1999年AIBO以来のロボット好きです。
トップページはこちらです。

2004以前の@付きの記事はすべてエンピツからlog2mtを利用させていただきインポートしています。



FC2Ad

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。