ロボット雑記・ニューロンの趣くままに

エンピツで書いていた「人形つかいのロボット雑記」をこちらに引っ越しました。かなり独断と偏見で書いてます。 【問題点】IE6でサイドメニューが乱れます。NN7でコメントへの記入が出来ません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全方位カメラX3で立体視

日刊県民福井
大阪で来月13日開幕「世界ロボカップサッカー」初出場・福井大『狙うぞ1勝』
工学部の前田助教授と研究室の学生製作



全方位カメラX3台で立体視できるそうだ。
すごいな。どのくらいのCPU資源でやってるんだろう。



↑普通の全方位画像(カメラ1台)はこんな感じ

ふと思うのだが

↑こういう場合はわかるとして


↑こういう場合は、どの目をつかって
立体視してるんだろう・・・と

もしかしたら常に3つのカメラの映像を用いて計算しているのかもしれないが・・・
詳細発表が楽しみだ。

金沢工大でこんな立体視(単眼で鏡面の形状を工夫)をすでに実現しているようだ。

セグウェイリーグ(違)の動画

先日のセグウェイでサッカーやっているところのムービーや写真をたまたま見つけたので、メモ。

CMU(カーネギーメロン大学)のページのロボットサッカーメイン
http://www-2.cs.cmu.edu/~robosoccer/main/
の Quick Links にセグウェイやAIBOのムービーが
また、Projects から各プロジェクトを選ぶとその中に
ムービーギャラリーやフォトギャラリーがある。

CMUsegway01132s.jpg
クリックでちょっと拡大

ロボカップ セグウェイリーグ?!

北九州のロボカップ4足リーグの記事にトラックバックをいただいた、shima's :: 理系大学院留学日記 ロボカップUSAオープン 4足リーグダイジェストのコメントより。

BBC Newsをみてびっくり。
なんだこりゃ?

The Segway event teams humans with a robot companion

今日は1999年にAIBO発売が発表された日。Fetch!--AIBO

「RoboCup 4足リーグ 競技会 2005 北九州」

以下 Open-R-SDE 掲示板より
随分と4足リーグも進化してきているようです。
バリアブルライティングチャレンジ ってのがあるんですね。
Robocupというと、いつまでも「照明が~」とボヤイている
イメージがあって、お客さんが集まったら集まったで、
情けないなぁというイメージが強かったのです。
どんなふうにやっているのか、詳しく知りたいものです。


1569 「RoboCup 4足リーグ 競技会 2005 北九州」開催のお知らせ openrsupport@運営者 〔2005/03/14-11:15〕
  │                 Response : Edit : Delete
  │   「RoboCup 4足リーグ 競技会 2005 北九州」開催のお知らせをします。
  │   
  │   ■日時:2005年5月3日~5月5日
  │   
  │   ■主催:ロボカップ4足リーグ競技実行委員会、
  │       ロボット産業振興会議、北九州市
  │   
  │   ■場所:西日本産業展示場中展示場、会議室(AIM 3F)
  │       福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目8-1
  │   
  │   ■詳細:http://www.ohashi-lab.bio.kyutech.ac.jp/4legged/
  │   
  │   ■競技会内容
  │   2005年のルールに沿ったフィールドを1面用意し、試合と情報交換
  │   が行われます。本競技会はジャパンオープンや世界大会とは異なり
  │   4足リーグ関係のボランティアにより開催されております。会場は
  │   北九州市(来年のジャパンオープンの開催地)のご協力により提供
  │   されております。通常の試合形式の他、個人参加が可能なチャレンジ
  │   競技も予定されております。参加方法など詳しくは、上記 URL をご
  │   参照ください。
  │   
  │   AIBO SDE Support
  │   
  └ 1585 RE:「RoboCup 4足リーグ 競技会 2005 北九州」開催のお知らせ gpm 〔2005/05/07-17:35〕
                      Response : Edit : Delete
        >「RoboCup 4足リーグ 競技会 2005 北九州」開催のお知らせをします。
        >■競技会内容
        >2005年のルールに沿ったフィールドを1面用意し、試合と情報交換
        >が行われます。本競技会はジャパンオープンや世界大会とは異なり
        >4足リーグ関係のボランティアにより開催されております。会場は
        >北九州市(来年のジャパンオープンの開催地)のご協力により提供
        >されております。通常の試合形式の他、個人参加が可能なチャレンジ
        >競技も予定されております。参加方法など詳しくは、上記 URL をご
        >参照ください。
        
        3日間、AIBO三昧で楽しみました。
        参加者のみなさん、スタッフのみなさんお疲れさまでした。
        ありがとうございます。
        フィールドの壁がなくなったことでよりサッカーの試合に近いモノに
        なり、展開も速く見応えがありました。
        バリアブルライティングチャレンジも昨年よりも難易度が高くなって
        いましたが、参加チームの対応の早さに驚きました。
        7月のRoboCup世界大会、来年のジャパンオープンがとても楽しみです。

続きを読む »

ロボカップ・ジャパンオープン2000 その1

ロボカップ・ジャパンオープン2000

函館未来大学にて、実は「取材のお手伝い」も兼ねて行く。

まず、一番の注目はやはりこのロボット達。「福井フットボールクラブ」一応小型リーグに参加という事になっているが、他のロボットとはレベルが違う。

上からItoさんのSilf-H1

Yamamotoさんのビースト

Fukuiさんの ねこまっしぐら(秒速3mで走るらしい。のでボールも本体もフィールドから飛び出してしまう為、あえて速度を抑えているという恐ろしいマシン。 小型リーグではグローバルビジョン(天井カメラ)からの画像を各チームに配信し、ロボットの上に取り付けられたカラーピンポンボールで、敵味方を判別し、「監督」役のコンピュータから各ロボットに指示を出すという方法が一般的であったが、この3体はハードもすごいが、それぞれにカメラを搭載して自律で動いている。(協調動作までは実現していない)


RoboCupジャパンオープンの小型リーグの総評(中川さん)

【RoboCupジャパンオープン2000 Vol.1】“RoboCup”の日本国内大会をプレビュー
http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/2000/0626/topi02.html

【RoboCupジャパンオープン2000 Vol.2】2足歩行ロボットも登場――小型機リーグ編
http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/2000/0626/topi06.html

【RoboCupジャパンオープン2000 Vol.3】世界レベルのチームが対戦――シミュレーション部門編
http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/2000/0628/topi05.html

«前(最新)のページへ  | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Categories

Appendix

人形つかい

人形つかい

1999年AIBO以来のロボット好きです。
トップページはこちらです。

2004以前の@付きの記事はすべてエンピツからlog2mtを利用させていただきインポートしています。



FC2Ad

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。