ロボット雑記・ニューロンの趣くままに

エンピツで書いていた「人形つかいのロボット雑記」をこちらに引っ越しました。かなり独断と偏見で書いてます。 【問題点】IE6でサイドメニューが乱れます。NN7でコメントへの記入が出来ません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューマノイドリーグ14日(木)結果速報(荻野さんより)

昨日は
>この世でつまらぬこと
>2台とも全く動かないロボットのPK戦の審判
>直前になってキャンセルした試合をアナウンスして観客に謝ること
>とんずらしていなくなったチームの試合をアナウンスして観客に謝ること

すみません、昨年はそんな思いばかりさせて・・・

>今日はテクニカルチャレンジ.やはり見物は不整地を誰がクリアするか.
  ・
  ・
>結局,不整地をクリアできたのは TeamOsaka のみであった.
>しかし,その歩行はできるだけ足裏を大きくしての静歩行に近い歩行で,
>期待していたような柔軟な足首や足裏を使った歩行というのはどの
>チームも戦略として持ってきていなかったようで,その意味ではがっかりだった.

だそうで、私もがっかり。
せっかくラジコンサーボでさえ、リニアではなくとも「柔軟な関節」と「関節角の読み取り」を実現可能な製品が発売されているのだから、私も目指してはいた。が、動かせてないので(部分実験のみ成功)何もいえないけど・・・

ロボカップの競技はサッカーで良いのか?

ロボカップの競技はサッカーで良いのか?人間の腕・手の機能を全く使ってはならない競技を選んだのは間違いじゃないのか?

という意見があるようで、全く私もその通りだと思う。

いまから、「実はバスケットボールを目指します」と変えても、実現しているロボットにはほとんど影響が無い(サッカーと思えばサッカーに見えるし、バスケだと思えばバスケに見える)程度なので、来年から変えたらよいと思いますよ、浅田先生!

ゴールキーパーの機能を、全員?が待たなくてはいけないと思えばよいのだし。車輪 及び 4足リーグでは、しばらく「2次元バスケ」をやってればよろしい。いままでの研究も無駄にはならない。
ヒューマノイドは・・・大変だろうけど、それをやってこそ、技術の進歩に繫がる!現時点で手でドリブルが出来そうなヒューマノイドは、太鼓を叩けるプロメテ君かなぁ。
QRIOはやれといわれれば、何でもやりそうだけど(中の人が会社から立場さえもらえれば)
腕はどうでも良いヒューマノイドの研究をして、これから続くと思いますか?

あ~すっきりした。

【追記】
昨年のJapanOpen(ヒューマノイドの)ルールに関するディスカッション(ML上)で『ボディープロポーションのルールを遵守したければ、必要な長さの紙切れを肩からぶら下げればよい』という、有名個人参加のOさんからの発言があり、私としては、ロボカップの「理念」はこんなので良いのかと、大変悲しい思いをした記憶があります。そういう意味でも、「腕の必要性」が存在する競技にしておかないと、永遠にもめると思うのですが。
もちろん、直接腕を使わなくても、ヒューマノイドのダイナミックな「走行」を行うには、トータル制御として上半身をどの様に強調させるのかは、サッカーと言えどもテーマがあるという理解はしています。しかし、それだけに留まる必要は無いと思うのです。

ただでさえ、2050年に人間と試合ができる目処がたたないから、いまから目標を下げておきたいなら、サッカーのままでもやむなしですが、そんな志で良いのかなと・・・

ヒューマノイドリーグ13日(水)結果速報(荻野さんより)

Wednesday 13

PK-Round
Robin
Kid Size League
AB
TeamKMUTT - ToinPhonenix
0 - 0
HITS Dream - TKU Papago
cancel - win
SharifCEDRA - NimbRo
0 - 4
Team Rope -TeamOsaka
1 - 4
TeamKMUTT- Sharif CEDRA
0 - 0
HITS Dream -Team Rope
cancel - win
ToinPhonenix- NimbRo
0 - 4
TKU Papago -TeamOsaka
0 - 5
TeamKMUTT- NimbRo
0 - 4
HITS Dream -TeamOsaka
cancel - win
ToinPhonenix- Sharif CEDRA
0 - 1
TKU Papago -Team Rope
0 - 4

C D
RoboErectus- Hiro
0 - 0
PersiaBvs Darmstadt Dribbler
postponed
Hirovs Senchans
0 - 0
Hajimevs Persia B
0 - 0
Senchansvs RoboErectus
1 - 0
Hajime
vs Darmstadt Dribbler
2 - 0

Medium Size League

MediumSize Field
B(IsaacTeam vs Darmstadt Dribbler)
cancel - win
A(Goroovs RoboErectus)
0 - 0

#Other games formedium size league will be held on Friday.






best regards,
Masaki Ogino

欧州の災害対策ロボット

昨日の朝日新聞夕刊に「欧州災害ロボ最前線」という記事があり、たとえばドイツではドイツ製やフランス製の企業のロボットが実際に原子力発電所に配備されていたりするそうだ。
日本でも事故があったにもかかわらず、そのような段階に達していない。

日本がヒューマノイドで遊んでいる間に、周りの国は実用化に進んでいる。ロボカップ・ロボテックスでは、こういう展示に注目した方が良い。
TVでは「ロボカップ2005=チーム大阪のヒューマノイド」になってしまっているので、このような記事は高く評価しておきたい。


20050712朝日夕刊 欧州災害ロボ最前線

ロボカップ携帯サイト

エフビットコミュニケーションズ株式会社

ロボカップ入場券プレゼント応募方法

ロボカップチケット
人数NTTドコモ公式サイト内『ロボガレージJACK』
マイメニュー登録者先着3,000名様
サイトNTTドコモFOMA端末にて、メニューリスト⇒趣味⇒アニメ/特撮⇒『ロボガレージJACK』
当選応募後、画面に表示。
(当日画面メモを入場ゲートにてお見せ下さい。)
詳細『ロボガレージJACK』サイト内にて記載


とのことだが、今日現在、そのようなサイトは存在しない。いったいどうしちゃってるんだ。

Robocup2005新聞記事

朝日新聞 20~21面
20050712朝日新聞記事RobocupMini

左ページ右ページ

中型リーグ・シミュレーションリーグ・4足リーグに触れていないが、続編があることを期待したい。

ホンダインターナショナルテクニカルスクール(HITS)が、今までのASIMOベースをやめて、KHR-1ベース(に見える)に変更したのが大きい。
「はじめロボット」さん 足裏でかすぎ。

最近のQRIO

さいたま市宇宙劇場

仙台市こども宇宙館

ポピュラーサイエンス日本版8月号の表紙がQRIOです。

popularscience

¥680.-

去年のだけど動画

こういうデモやるのは、QRIOがASIMOに圧勝ですね。だってASIMOだと、最低二人掛りでしょう。QRIOならひょいと講演者が一人で行けますものね。

逆に舞台に立つのはQRIOのサイズでは不利なんですね。(AIBOは論外)

これじゃぁライブで見てるって気持ちになれるのか?



台の高さが気になるな。QRIOの公式サイト、ムービーぐらいのっけてくれないかなぁ。

ERCのバイス・プレジデント

ソニーのプレスリリースによると
2005年06月22日付けの
当社  取締役および執行役 ならびに
コーポレート・エグゼクティブ、グループ・エグゼクティブの選任について


きむら けいじ
木村 敬治
執行役
EVP 兼 技術戦略担当、
インフォメーションテクノロジー&コミュニケーションズネットワークカンパニー NCプレジデント

氏 が
2005年06月30日発表2005年06月22日付けの
人事 機構改革
にて

○ エンタテインメントロボットカンパニー
担当執行役    EVP  木村 敬治

と、されています。

急務は『So-net BLOG を安定稼動させる』だと思うんですが。BLOGの不安定さはSONYの企業ブランド力を著しく損なっていると思います。

EVP:エグゼクティブ・バイス・プレジデント

月間サッカーシミュレーション増刊号

電通大の西野さんがオンラインで発行されている
ロボカップ・シミュレーションリーグに関する記事(pdf)「月間サッカーシミュレーション」の大阪大会前の増刊号が出ています。
http://www.fs.se.uec.ac.jp/~nishino/robocup/ssojj/
このページの一番上のリンク2005/7/4 releaseのページです。
英文と日本語のバイリンガルなので、最初だけ見てビビラないように。

日頃、地味な存在のシミュレーションリーグですが、ロボットの本体や環境ががシミュレーターであり、メカの問題に悩殺されないというメリットが生きて、「チーム員としての個体知能」は他のリーグに比べて非常に進歩しています。

2004年からはじまった、3D リーグや各チームの特色、見所がまとめられています。

ぜひご覧下さい。

SYNC なぜ自然はシンクロしたがるのか

新聞の書評で読んでみたい本
朝日新聞5月22日の古新聞より・・・ 渡辺正隆評

脳波、体内時計、神経系、レーザー、超伝導、月の公転、小惑星帯などの多様な自然現象に見られる秩序の謎を、非線形微分方程式などは全く使わずに「多彩な比喩」を駆使し「きら星のごとき先駆的研究者の逸話がちりばめられている」そうだ。

「ボース・アインシュタイン凝縮」のノーベル物理学賞受賞のプレスリリースに「原子にユニゾンを歌わせる」という一文があるらしい。たしかに美しい比喩だ。

オンライン書店ビーケーワン:SYNC
ISBN[4152086262]2005年3月 早川書房

HORP-3

QRIOのパチモンかい!とか言ってしまいそうなんですが。

プレスリリース 小型ヒューマノイドロボット「HOAP-3」新発売 : 富士通オートメーション


hoap3s.jpg

Robocupの会場(ロボトレックス?)では見れるそうです。

Robocupでんでんツアー

Robocup2005の参加者向けに日本橋へバスツアー(無料)を実施するらしいです。

でんでんタウン :: トピックを表示 - DenDen Town Welcome tuor

«前(最新)のページへ  | HOME |  次(古い)ページへ»

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Categories

Appendix

人形つかい

人形つかい

1999年AIBO以来のロボット好きです。
トップページはこちらです。

2004以前の@付きの記事はすべてエンピツからlog2mtを利用させていただきインポートしています。



FC2Ad

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。